宣伝効果抜群のチラシ印刷をしよう|プロに依頼できる

初めてでも簡単製本

本

専用カバーでの製本の仕方

家庭やオフィス用のコンパクトな製本機の使い方はごく簡単です。まず製本したい資料を必要な枚数だけ用意しましょう。これは手書き原稿でもコピーでも種類は何でもかまいません。それに表紙にタイトルやイラストを付けたければ、そちらも一緒に用意しておきましょう。これを別売りの専用カバーにセットするわけですが、このカバーにはいろいろなバリエーションがあります。カラー付きもあればハードカバーやソフトカバーもあるので、製本したい冊子の内容に合わせて変えることも可能です。さらに専用カバーは大きさも選べるため、さまざまなサイズの製本もできます。最小でA5サイズ、最大でA3サイズまで対応できるので、大きさが合わなくて困るということはなくてすむでしょう。あとは枚数ですが、これはコピー用紙程度の厚さで300枚から540枚程度まで対応できます。ただしこれはあくまでも目安であり、使用する用紙によって厚さが違うので多少前後する可能性もあります。ひとまず専用ファイルのサイズと合うようなら、あとは専用カバーごと紙を揃えて製本機にセットするだけです。そうして数十秒から数分待てば、製本完了のブザーがなりますのでそれで製本作業はすべて終わりです。このタイプの製本機では、特殊樹脂を溶かして背表紙を接着させる方式を採用しています。製本機自体は使い方も簡単で、使用後にお手入れをする必要も特にありません。あとは作る分だけ専用カバーを補充すればいいだけなので、面倒な準備や後始末もなくてすみます。